Google検索風プロフィールビデオの作り方~Step3:動画キャプチャ

Google検索風プロフィールビデオの作り方~Step3:動画キャプチャ

Google検索風プロフィールビデオの作り方「Step1:基本設定と文字の編集」「Step2:ロゴのカスタマイズ」でオリジナルの検索画面まで用意できたので、実際に検索する様子を動画でキャプチャ(録画)していきます。
スポンサーリンク

動画キャプチャソフトをダウンロード

パソコンのデスクトップ操作を録画できる「動画キャプチャ」ソフトをダウンロードします。 フリーソフトやシェアウェアの体験版など無料で使えるソフトがいくつかありますが 今回のソフト選びのポイントとしては
  • マウスカーソルの動きまできれいにキャプチャできる
  • テキストが文字つぶれしない
  • 録画範囲を簡単に設定できる
  • ウォーターマーク(企業ロゴ)が入らない
といった条件を満たすソフトで、初心者でも比較的に使い方が簡単な

『Debut』動画キャプチャソフト

『Debut』動画キャプチャソフト

提供元
NCH Software
ライセンス
無料お試し版※個人利用のみ無料
ダウンロード・説明ページ
http://www.nchsoftware.com/capture/jp/
動作環境
【Windows】XP/Vista/7/8 【Mac】OSX 10.3以降
のWindows版を使用させていただきました。
インストール方法や詳しい使い方は別記事でご紹介します。※準備中 ダウンロード・インストールが完了したらソフトを起動して各種設定を行います。

キャプチャ範囲を設定する

画面キャプチャ設定

「画面キャプチャ」メニューの「キャプチャを行うデスクトップの範囲を選択する」 を選ぶと選択領域設定ウインドウが開くので

キャプチャ領域の指定

  1. 「マウスを使ってキャプチャ領域を指定」を選び、
  2. キャプチャしたい領域(今回はロゴと検索フォーム)をドラッグします。
    サイズは16:9のDVD映像(幅720×高さ480)で設定します。
  3. 確定したら「選択」ボタンをクリックでウインドウが閉じます。

マウスカーソル表示を設定する

キャプチャ範囲の設定

「オプション」ウインドウを開き、「録画」タブの「カーソル」の項目で
『カーソルを表示』を選択します。 これでマウスカーソルもキャプチャできるようになります。

デスクトップ画面を録画する

録画設定

最後に出力する「動画の形式」と「録音」の有り無しを設定します。 出力形式はいくつか選べるので動画編集ソフトにあわせて設定します。 (今回はムービーメーカーで編集するので、そのまま「avi」形式で出力します。) 録音は「オプション」からも設定でき、マウスクリックのみ録音も可能です。 設定が完了したら「録画」ボタンを押して撮影を開始します。

録画中画面

録画が始まると設定した「キャプチャ領域」以外がグレーに変わります。 キャプチャソフトのウインドウは一旦消えるので、 録画の一時停止は「F6」キー、停止は「Ctrl+F10キー」のホットキーで行います。

【重要】検索画面入力時の注意点と撮影のコツ

Step1・2でカスタマイズした検索画面は一時的なもので保存ができません。 なので、検索ボタンをクリックして画面が変わるとカスタマイズ内容が全部消えてしまいます。
コツは「ボタンをクリックしたままマウスをボタンから離す」とページ移動が起こりません。

また、動画は編集ソフトでつなぎ合わせられるので一気に撮影せずこまめに区切るのがコツです。
動画のつなぎ目がおかしくならないようにマウスカーソルの位置だけ注意します。 また、マウスを押してしばらく時間をとった方があとの編集がしやすくなります。

以上の点に気を付けて作業を行ってみてください。

出力した動画の保存先

保存先

録画を停止すると自動的に保存されます。 Windowsであれば「ビデオ」フォルダ内に「Debut」フォルダが生成されそのなかに「無題+連番」のファイル名で保存されます。
あとは出力された動画素材とスライドショーなどを動画編集ソフトですれば オリジナルのプロフィールビデオの完成です。
検索する内容はアイデア次第ですので2人らしい作品を創り出してみてください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE
TOP