【3D結婚式ムービー】Googleアースの設定/カスタマイズ【作り方-設定編】

Googleアースの設定/カスタマイズ

『Google Earth|グーグルアース』を使った結婚式自作ムービーの作り方を引き続き解説。
今回のステップは、カメラを移動・ズームさせる「目印(マーカー)」の設定とカスタマイズ方法です。

Googleアースのダウンロード・基本操作についてはこちらの記事で
【3D結婚式ムービー】Googleアース+無料ソフトで自作【作り方-基本編】

スポンサーリンク

マップ上に目印(マーカー)を設定する

ツールバーの「押しピンボタン」をクリックすると
「目印」が地図上に追加されダイアログボックスが開きます。
「名前」に入力したテキストが地図にも表示されます。

Google Earth|目印(マーカー)の追加

アイコンの画像をカスタマイズする

押しピンでは味気ないので、オリジナルのアイコンに変更します。
「名前」横にあるボタンをクリックするとカスタムアイコンが表示されます。
オリジナルのアイコンは「カスタムアイコンを追加」で設定できます。

Google Earth|目印(マーカー)アイコンの設定

※オリジナルアイコンは背景が透明の「透過PNG」画像がおすすめです。

Google Earth|目印(マーカー)アイコンの縮尺・透過度を設定

登録したアイコンは大きさ(縮尺)や透過度の設定も可能です。
アイコンは拡大できるように、ある程度大きめの画素数で登録しておくのがおすすめです。

ポップアップに表示されるテキスト・写真を入力する

目印をクリックしたら表示されるポップアップのテキストと写真を設定します。
テキストは「説明」欄に入力した文字がそのまま表示されます。
写真はアイコンのように登録はできないので「画像のURL」で設定します。

Google Earth|ポッポアップ画像・テキストを入力

画像URLの取得方法

PC内にある画像は「URL」が取得できないので画像をネット上にアップします。
簡単な方法はSNS(facebook・twitter)やブログへの投稿です。
アップした画像のURL取得は以下のような方法で。
画像サイズは幅240px以下推奨

IE
画像の上で右クリック「プロパティ」→「アドレス(URL)」
FireFox
画像の上で右クリック「画像の情報を表示」→「アドレス(URL)」
Chrome
画像の上で右クリック「画像URLをコピー」
Safari
Ctrlを押しながら画像をクリック「画像を開く」

スナップショットの見え方(表示・高度)を設定する

最初に設定した目印(画面)の見え方(向き・角度・範囲)を調整して、
目印にカメラがズームインした時(終了点)の見え方を設定します。

Google Earth|目印(マーカー)の表示(緯度・経度・範囲・角度)設定

マウスで見え方を調整した後「表示」メニューの
「現在のビューのスナップショット」ボタンで登録できます。
画像のようにアイコンが建物で隠れる場合は「標高」で調整します。

ムービーのストーリーにあわせて目印を全て設定する。

新郎新婦の生まれたところや思い出の場所などムービーに必要な場所をすべて設定します。

Google Earth|登録された目印の確認

登録された目印は左側の「場所」パネルに、名前とアイコンが表示され、チェックを入れるとアイコンを表示、テキストもしくはマップ上のアイコンをクリックするとポップアップが表示されます。

ここまで準備ができたら。いよいよ撮影(動画キャプチャ)となります。
次回は、スムーズな動画撮影のためのGoogleアースのカメラワークのコツを解説します。

【3D結婚式ムービー】動画キャプチャのコツ【作り方-撮影編】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE
TOP